国営武蔵丘陵森林公園

ユリノキ

最新の開花状況

撮影日
5月5日

ユリノキが咲き始めました(5/5)。

チューリップに似た花を咲かせる、高木のユリノキ。

中央口から都市緑化植物園に向かう大園路沿い(彫刻広場付近)や、
西口から約10分、南口と中央口へ分岐する大園路の三叉路付近で、
5月中旬ごろまでご覧いただけます。

基本情報

黄緑色に底がオレンジ、おしゃれなチューリップのような花を咲かせるこの木の英名は、まさに「チューリップツリー」。一方、和名のハンテンボク(半纏木)は、葉の形に由来します。成長が早く、いずれも20m近い高木になっていますが、大園路が西口、南口、中央口方向に分岐する三叉路近くの広場では、地面近くまで枝がたれさがり、間近で花を見ることができます。秋には黄葉も鮮やかです。

見頃の時期:5月中旬

ユリノキが見られるエリア

場所
中央口~彫刻広場大園路沿い並木、三叉路広場
最寄
中央口すぐ~徒歩約5分(中央口~彫刻広場大園路沿い並木)、西口徒歩約10分(三叉路広場)

花と生き物みどころ情報

公園のスタッフやガーデンコンシェルジュ(ボランティア)の方々が、公園内の花や生き物のみどころを紹介しています。(週末を中心に不定期更新)

注意事項

  • 園内の全ての動植物採取は、固くお断りします。園内の生き物と自然を大切にしましょう。
  • 動植物の保全のため、柵がしてある場所や草を刈り残している場所、藪の中には入らないようお願いします。