国営武蔵丘陵森林公園

そのほか野草コース

最新の開花状況

ピンクや白、紫色の雪割草(オオミスミソウ)

撮影日
2月25日
撮影場所
野草コース

野草コースでセツブンソウや雪割草が少量咲いています(2/26)。

早春の花々の季節が始まりました。

二か所のコース入口では雪割草(オオミスミソウ)とキクザキイチゲが10輪程度開花中です。

またコースの最も西側(奥側)では、セツブンソウが数十輪、
コース中ほどの斜面地ではキクザキイチゲが100輪ほど開花中。

いずれもとても草丈低く、小さな花ですので、お見逃しなく。

※コース両入口(南口側、中央側)にコース内の花の場所の案内板があります。

基本情報

1周約1kmの散策路で、ボランティアさんが中心となり、手入れを行っているエリアです。春はカタクリ、ヤマブキソウやシライトソウ、夏はレンゲショウマ、冬はシモバシラの氷の花など、季節の山野草をお楽しみいただけます。また「秋の七草園」エリアも夏から秋のみどころ。

見頃の時期:通年

そのほか野草コースが見られるエリア

場所
野草コース
最寄
南口・中央口徒歩約20分

園内バス「野草コース入口」停留所からすぐ、サイクリングコース駐輪場「P2」「P3」「P13」から徒歩数分です。

花と生き物みどころ情報

公園のスタッフやガーデンコンシェルジュ(ボランティア)の方々が、公園内の花や生き物のみどころを紹介しています。(週末を中心に不定期更新)

注意事項

  • 園内の全ての動植物採取は、固くお断りします。園内の生き物と自然を大切にしましょう。
  • 動植物の保全のため、柵がしてある場所や草を刈り残している場所、藪の中には入らないようお願いします。