国営武蔵丘陵森林公園

オオミスミソウ(雪割草)

最新の開花状況

撮影日
3月8日
撮影場所
野草コース

野草コース入口で、雪割草が咲いています(3/8)。

二か所のコース入口付近で、20株程度の雪割草(オオミスミソウ)が
ピンク、白、紫の花を咲かせています。

晴れた日の日中、ご覧ください。

基本情報

キンポウゲ科ミスミソウ属の可憐な野草。ミスミソウ属の数種を総称した園芸名が「雪割草」です。寒さの残る春浅い季節から咲き始め、さまざまな花の色・形は冬枯れの地面に宝石を散らしたようです。植物名「ユキワリソウ」とは、別のサクラソウ科の高山植物をさします。

見頃の時期:2月下旬~3月

オオミスミソウ(雪割草)が見られるエリア

場所
野草コース(中央口・南口側入口付近)
最寄
南口・中央口徒歩約20分

園内バス「野草コース入口」停留所からすぐ、サイクリングコース駐輪場「P2」「P3」「P13」から徒歩数分です。

花と生き物みどころ情報

公園のスタッフやガーデンコンシェルジュ(ボランティア)の方々が、公園内の花や生き物のみどころを紹介しています。(週末を中心に不定期更新)

注意事項

  • 園内の全ての動植物採取は、固くお断りします。園内の生き物と自然を大切にしましょう。
  • 動植物の保全のため、柵がしてある場所や草を刈り残している場所、藪の中には入らないようお願いします。