国営武蔵丘陵森林公園

そのほか草花

最新の開花状況

小さな青の花畑、こちらは丈の低い

撮影日
5月30日
撮影場所
都市緑化植物園 公園庭園樹園

青のデルフィニウムの花畑、見頃終盤です(6/1)。

こもれび花畑(ルピナス)の上側、小さなスペース(青の花畑)に咲くデルフィニウム。

デルフィニウムは1m以上にもなる大型の植物で、花色は青・紫・ピンク・白などがあり、
森林公園では鮮やかなブルーの品種を中心に約三千株を植栽しています。

草丈の高いオーロラとマジックフォンテンは、一番花は終了し、
二番花のつぼみが少しずつあがっています。
全体的な見頃は過ぎていますが、6月中旬ごろまでまばらに咲き続ける見込みです。

また草丈の低いデルフィニウムもそろそろ見頃終盤になります。

デルフィニウムのすぐ隣では、アリウム・ギガンチウムが開花中です。
公園庭園樹園(こもれび花畑)へは、中央口からのご入園が便利です。
(公共交通機関の方は、西口をご利用ください)

基本情報

四季折々の野草が野草コースや園路沿い各所で開花します。

見頃の時期:通年

そのほか草花が見られるエリア

場所
園内各所

花と生き物みどころ情報

公園のスタッフやガーデンコンシェルジュ(ボランティア)の方々が、公園内の花や生き物のみどころを紹介しています。(週末を中心に不定期更新)

注意事項

  • 園内の全ての動植物採取は、固くお断りします。園内の生き物と自然を大切にしましょう。
  • 動植物の保全のため、柵がしてある場所や草を刈り残している場所、藪の中には入らないようお願いします。