国営武蔵丘陵森林公園

キノコ類

最新の開花状況

フリンジつきの丸椅子のような姿

撮影日
7月16日

雨が続く中、園内のあちこちでキノコが出ています(7/17)。

真っ赤や黄色のキノコ、いぼいぼの姿のキノコ、
またびっくりするほどの大きさのキノコなど、
実に面白い姿を持つキノコたちを探してみてください。

林内の園路沿いや、芝生地の中でも見ることができます。

基本情報

園内では数百種のキノコが記録されています。特に雨の多い梅雨時や初秋には、白い袋から赤い傘があらわれるタマゴタケほか、多種類を目にすることができます。

見頃の時期:初夏~秋

キノコ類が見られるエリア

場所
園内各所

花と生き物みどころ情報

公園のスタッフやガーデンコンシェルジュ(ボランティア)の方々が、公園内の花や生き物のみどころを紹介しています。(週末を中心に不定期更新)

注意事項

  • 園内の全ての動植物採取は、固くお断りします。園内の生き物と自然を大切にしましょう。
  • 動植物の保全のため、柵がしてある場所や草を刈り残している場所、藪の中には入らないようお願いします。