国営武蔵丘陵森林公園

キンモクセイ

最新の開花状況

姿よりも香りでまず気付く、キンモクセイの開花シーズンです

撮影日
9月16日
撮影場所
中央口

甘い香りの花木、例年より早く開花し、まもなく見頃終了です(9/17)。

秋の代表的な香り、オレンジの小花も愛らしいキンモクセイ。
例年より半月ほど早く開花しました。

中央口周辺(中央レストランへの園路沿い、園内バス停留所付近)などでご覧ください。

咲き始めから見頃終了までは約1週間のため、あと数日が開花期ですが、
雨により終了が早まる場合があります。

基本情報

秋の代表的な花の香りといえば、この花が浮かぶ方が多いのでは。公園や街路樹、そして庭木としてもおなじみです。成長すると5m以上もの高さになり、開花期の香りは圧巻。見頃終盤には小花が地面に落ち、オレンジのカーペットのようです。白花のギンモクセイ、ヒイラギモクセイも公園・庭園樹園でご覧いただけます。

見頃の時期:10月初旬

キンモクセイが見られるエリア

場所
展望レストラン横、中央口周辺他
最寄
南口徒歩約15分(展望レストラン横)

花と生き物みどころ情報

公園のスタッフやガーデンコンシェルジュ(ボランティア)の方々が、公園内の花や生き物のみどころを紹介しています。(週末を中心に不定期更新)

注意事項

  • 園内の全ての動植物採取は、固くお断りします。園内の生き物と自然を大切にしましょう。
  • 動植物の保全のため、柵がしてある場所や草を刈り残している場所、藪の中には入らないようお願いします。