国営武蔵丘陵森林公園

春のハーブガーデン

最新の開花状況

ローズ&シュラブガーデン、ジギタリスやリシマキア”ボジョレー”などなど、植物の組み合わせをお楽しみください。

撮影日
5月18日
撮影場所
都市緑化植物園 ハーブガーデン

おすすめ!改植したガーデン内で、オルラヤやジギタリスが花盛りです(5/18)。

昨秋から横浜イングリッシュガーデン・スーパーバイザーなどでご活躍の
河合伸志さんにデザインをお願いし、ガーデン全体の改植を進めています。

これまでに
・ローズ&シュラブガーデン   :斑入りのバラ(約60株)と、カラーリーフの低木など
・ペレニアル&ハーブガーデン  :カラーリーフの品種を中心とした宿根草やハーブ
・ウェルカムガーデン      :ガーデン入口を彩る季節の花々
・ローンフィールド       :芝生広場とシンボルツリー
新たなテーマで、4つのエリアの改植が終わりました。

宿根草やバラの株が充実するまでは時間がかかりますが、
徐々に完成していくガーデンの姿をお楽しみにどうぞ!

■ローズ&シュラブガーデン
この春は株を充実させるため、バラの花数は少なめになっていますが、
”ペニーレーン”や”炎”など、数品種で開花中です。
またオルラヤやフランスギク、ジキタリスなど、多種類の草花が一斉に開花し、
花々とカラーリーフのハーモニーをお楽しみいただけます。

■ペレニアル&ハーブガーデン
噴水を囲む4つのエリアで、黄金葉の品種のアガスタシェやタンジー、
銅葉のユーパトリウムやカンナなどが徐々に茂ってきました。
葉だけの季節も、植物の美しさに出会うことができるエリアです。
チェリーセージやガウラは、少しずつ花を咲かせています。

ほかハーブ見本園ではポリジやカモミール、ストエカスラベンダー。
大園路沿いなどではヤグルマギク、シレネやアグロステンマ、
珍しいニュアンスカラーのシャーレーポピー”アメージンググレイ”
などが咲いています。

※ローンフィールド(旧ポタジェエリア)は、芝生養生中のため
 6月ごろまでお入りいただけません。

※金の庭、銀の庭は改植準備のため、5月23日から秋ごろまでクローズさせていただきます。
 長期間の閉鎖でご迷惑をおかけしますが、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

基本情報

ガーデンの中ではハーブだけでなく、バラや宿根草など、様々な植物をお楽しみいただけます。華やかなウェルカムガーデン、斑入りのバラを主役にした「ローズ&シュラブガーデン」、カラーリーフの品種を中心にした「ペレニアル&ハーブガーデン」など、折々の植物の姿をお楽しみください。

見頃の時期:3月~5月

春のハーブガーデンが見られるエリア

場所
ハーブガーデン(都市緑化植物園)
最寄
中央口徒歩約15分

園内バス「植物園前」停留所から徒歩1分、サイクリングコース駐輪場「P8」から徒歩すぐです。

花と生き物みどころ情報

公園のスタッフやガーデンコンシェルジュ(ボランティア)の方々が、公園内の花や生き物のみどころを紹介しています。(週末を中心に不定期更新)

注意事項

  • 園内の全ての動植物採取は、固くお断りします。園内の生き物と自然を大切にしましょう。
  • 動植物の保全のため、柵がしてある場所や草を刈り残している場所、藪の中には入らないようお願いします。