国営武蔵丘陵森林公園

アリウム・ギガンチウム

最新の開花状況

アリウム・ギガンチウムのふくらんだつぼみ

撮影日
5月13日
撮影場所
都市緑化植物園 ボーダー花壇ほか

【臨時休園中】新型コロナウイルス感染拡大防止のため、5月15日から5月31日まで(予定)、臨時休園いたします。

※皆様に画面上でお花をお楽しみいただきたく、一部の花情報は休園期間中も随時更新いたします

アリウム・ギガンチウムの大きなつぼみがふくらんでいます(5/15)。

巨大なぽんぽんのようなアリウム・ギガンチウム。
都市緑化植物園の公園・庭園樹園で数百本のつぼみが上がっています。
(5月下旬ごろから開花見込み)

一方ボーダー花壇では、早咲きの品種”アーリーセンセーション”が、一足早く開花中。
白花の”モンブラン”、小輪の”丹頂”(つぼみ)や、
ハーブガーデンの黄色のアリウム・モーリーなど、多種類のアリウムの開花シーズンです。

基本情報

丸いポンポンのようで、どこかユーモラスな花。巨大なネギ坊主を連想させるように、ネギの仲間です。別名「ハナネギ」とも呼ばれます。アリウムの仲間には大きさや花色、姿も多数の種類がありますが、ギガンチウムは大型種の代表的な存在で、切花にも利用されます。他にもボーダー花壇などで多品種のアリウム類がご覧いただけます。

見頃の時期:5月下旬~6月上旬

アリウム・ギガンチウムが見られるエリア

場所
公園・庭園樹園(都市緑化植物園)
最寄
中央口徒歩約15分

園内バス「植物園前」停留所から徒歩数分、サイクリングコース駐輪場「P5」から徒歩すぐです。

花と生き物みどころ情報

公園のスタッフやガーデンコンシェルジュ(ボランティア)の方々が、公園内の花や生き物のみどころを紹介しています。(週末を中心に不定期更新)

注意事項

  • 園内の全ての動植物採取は、固くお断りします。園内の生き物と自然を大切にしましょう。
  • 動植物の保全のため、柵がしてある場所や草を刈り残している場所、藪の中には入らないようお願いします。