国営武蔵丘陵森林公園

ふと時間が空いたときに何か探してしてみると、新たな小さな秋にめぐり会います。これが秋色のメッセージです。

森の色と香りの出会いから、素敵な秋の景色が始まります

夏の活動期が終わるとき、様々な色の変化があります。桜紅葉、柿落ち葉、ケヤキ紅葉と季節が動き、森の木々の緑も淡く色合いを変化させます。

秋探し、紅葉探し(浅紅葉、薄紅葉、斑紅葉)は色が変わることに気づくこと。

また、秋は花の咲く期間が長くなります。夏の終わりのキンモクセイやヒガンバナ、人々が狂い咲きと名付けた「十月桜」の花数が増します。また返り咲きのヤマツツジやガマズミなどもあちこちに見つけることができます。

オケラ、サザンカやチャなどの初冬の花も一緒に咲きます。

※画像は昨年以前のデータを使用しています。

配信日:9月30日