国営武蔵丘陵森林公園

猛暑なのに、もう秋の花

立秋は秋の花の咲き始まりです

立春からちょうど半年が経過した8月7日は立秋です。秋の花の咲き始まりです。

ムラサキヒヨドリバナ、ミソハギ、ミントの花が咲いています。

日照時間が徐々に短くなり短日性の植物、「秋の七草」が見られます。カワラナデシコ、オミナエシ、キキヨウ、カリガネソウ、トウテイラン、ゲンノショウコ、ツリガネニンジン、ワレモコウ、シラヤマギク、ユウガギク、ヨメナ、オトコエシの花。

リンドウやセンブリの花芽が出来ました。サクラやウメもこの季節に花芽を着けます。夏の間上に上に伸びていたカラスウリ、ヘクソカズラ、オニドコロ、ヤマノイモ、ウマノスズクサ、ヤブガラシなどのつる植物にも花が咲き、ツルの伸びが変わります。

※画像は昨年以前のデータを使用しています。

配信日:8月8日