国営武蔵丘陵森林公園

暗い森の中では、鮮やかに輝く白い花が、夏のような装いです。

春蝉の鳴き声は夏を感じさせます

公園全体が新緑ですっぽりと覆われ、森の緑で紫外線もさえぎられ、森の中は快適です。気温が25度以上になる日は、松林のハルゼミの鳴き声もかん高い声を響かせ、夏を感じます。

森の中では、ミズキ、ホオノキ、トチノキ、ウツギ、ハクウンボク、カマツカなど白い花だけが見立ちます。

花にはハナムグリやハナカミキリたちがブンブンと集まっています。陽だまりを避けるようにダイミョウセセリやウラナミシジミは、日陰に隠れます。

ハーブガーデンは、ナニワイバラやレダマなどが彩を添え、ヤクヨウサルビア(セージ)、ルリジサ、シャクヤク、ベニカノコソウなどが花盛りを迎えます。

※画像は昨年以前のデータを使用しています。

配信日:4月29日