国営武蔵丘陵森林公園

森は花と葉の色のシンフォニーがつなぐリレーです

はるもみじの森にようこそ!(様々な緑がけむる春の森があります。)

 森の木々の新緑は銀色がかった淡い灰緑色のコナラの芽吹き、淡い黄緑色のクヌギの芽吹きなど明るい緑色からヤマザクラの真っ赤なものまで何段階もの色のみどりが幾重にも積み重なって雑木林の芽吹きはまことに美しい色のシンフォニーの日々が続きます。

陽春の日差しに煙るヤマザクラの花や葉とアカシデなどの花も加わりながら、森は日々濃く暗く変わります。
カエデ園の春紅葉も真紅から黄緑色に変わります。

森の中では、ウワミズザクラ、ガマズミ、ヤブデマリ、イボタノキ、イヌザクラ、ミヤマウグイスカグラ、イロハモミジ、クサボケの瑞々しい新緑が彩りを添え、林床では、ジュウニヒトエ、チゴユリ、キンランなどの花々が次々と色合いを加えながら咲いています。

※画像は昨年以前のデータを使用しています。

配信日:4月8日