国営武蔵丘陵森林公園

賑やかな多様性と生命の豊かさを感じる春の日差し

魔法が解けて休眠していた花や芽が春を告げる

この地球では、被子植物に、ヒマラヤ山脈が寒さへの防衛力を身につけさ、新たな形質を獲得した多くの生命を誕生させた。私たちは歴史に見る豊かさを感じている。

ウメは菅原道真公が愛しく学問に励む人々を応援し、マンサクは寒い国の救世主となり、椿は人の心を鍛錬する人に寄り添っている。

ウメ、ツバキ、マンサク、ミヤマウグイスカグラなどの花木は光時間とともに花数を増し、植物園の景色をが日ごと美しく賑やかに、森の景色をも色濃く変えている。

※画像は昨年以前のデータを使用しています。

配信日:1月29日