国営武蔵丘陵森林公園

多様な夏が並び往く

暑さを避けて始まる夕方社交の花々

散れば咲くサルスベリ、ハナツクバネ。暑さに似合うタイタンビカス、カンナ、ユーコミス、モミジバアオイ、アメリカギクが見られます。

森の中では、ヤマグリやコナラの実が大きくなっているのに気付き、秋の花々が見られます。
クサギ、タマアジサイ、タラノキ、レンゲショウマ、フシグロセンノウ、ミソハギ、ヤマハギ、ウバユリ、ヒヨドリバナ、オトコエシ、コオニユリ、キツネノカミソリ、コマツナギ、ヘクソカズラ、オニドコロ、ヤマノイモ、サジガンクビソウ、ヨウシュヤマゴボウ、ウマノスズクサ、カラスウリ。ヤブガラシなどの目立たない花もあちらこちらに咲いています。

※画像は昨年以前のデータを使用しています。

配信日:7月18日