国営武蔵丘陵森林公園

秋なのにヤマツツジの花

ヤマツツジの狂い咲き

 日照時間が短くなり、朝晩の気温が25度前後に下がり始めると、来春に咲く準備をしていたヤマツツジの花芽は休眠を解かれ、春が来たかと勘違いし、季節はずれの花が咲き出します。この現象を「狂い咲き」あるいは「返り咲き」といい、ヤマツツジがススキやハギ、キンモクセイの花と一緒にお目見えします。

※写真はイメージ、又は過去に撮影したものを使用しています。

配信日:9月17日