国営武蔵丘陵森林公園

ロウバイ類

最新の開花状況

ソシンロウバイ。梅林のWC近くで撮影

撮影日
1月16日
撮影場所
梅林、公園・庭園樹園

梅林ほかでロウバイ類が咲いています(1/17)。

ソシンロウバイは梅林の上の方、WC近くなどに5株程度あります。
(南口最寄)
背丈に満たない小さめの株のため、花数は少なめですが
独特の透き通るような質感をお楽しみください。

一方、花の中が紫色を帯びるロウバイは、公園庭園樹園にて。
(中央口最寄)
3m近い株立ちです。

基本情報

黄色単色のソシンロウバイ、花の中心が紫色のロウバイ、いずれも半透明の蝋のような質感の花です。各場所に数本と少なめですが、木のまわりでは冬の澄んだ空気に、ロウバイ独特の花の香りがすがすがしくただよいます。

見頃の時期:1月~2月

ロウバイ類が見られるエリア

場所
梅林、公園・庭園樹園(都市緑化植物園)
最寄
南口徒歩約10分(梅林)、中央口徒歩約15分(公園・庭園樹園)

花と生き物みどころ情報

公園のスタッフやガーデンコンシェルジュ(ボランティア)の方々が、公園内の花や生き物のみどころを紹介しています。(週末を中心に不定期更新)

注意事項

  • 園内の全ての動植物採取は、固くお断りします。園内の生き物と自然を大切にしましょう。
  • 動植物の保全のため、柵がしてある場所や草を刈り残している場所、藪の中には入らないようお願いします。