国営武蔵丘陵森林公園

第32回 沼まつり

無料雨天中止

【荒天予報のため中止します】滑川町の伝統行事のひとつ、「沼普請(ぬまぶしん)」の際に行われていた「魚とり」を再現した「沼まつり」を開催します。お子さまにもご参加いただけるようにと、「こどもウナギつかみ取り大会」も開催する予定です。たくさんのご参加をお待ちしております。

滑川町の沼と「沼まつり」について

森林公園がある「埼玉県比企郡滑川町」は、関東一沼の多い町で、大小合わせて約200の沼があります。その約2割にあたる41個の沼が森林公園内にあります。これらの沼はすべて、田んぼに水を引くために人工的に造られた「ため池」です。丘陵地に特徴的な「谷津(やつ)」と呼ばれる地形を活かして造られていて、粘土や赤松など、地元に豊富にある材料を使って造られました。

この谷津とは、河川の激しい浸食を受けてできた沼とは違い、長い期間に渡って緩やかに侵食され、非常になだらかで奥の深い谷となったものを言います。
沼が作られた時期は明らかになっていませんが、古くは古墳時代の頃、遅くとも江戸時代初め頃(今から400年前)には、「沼水による米作りのシステム」が完成していたと言われています。以来沼は、この地域で本格的な米作りが始まってからずっと人々の暮らしを支えてきた、まさに「生命線」の役割を担ってきたというわけです。今なお、滑川町内にある水田の8割が沼水に依存していることが何よりの証といえます。

沼まつりの起源とも言える「沼普請」について、簡単に触れておきたいと思います。
大雨や地震などで沼の堤がこわれたり漏水したりしないように、たびたび「沼普請」と呼ばれる補修作業が行われてきました。ちょうど、田んぼで水を使わなくなる10月頃に沼の水を抜き、泥をさらったり、ゴミを取り除いたり、堤を補修したりして、生活に欠くことのできない沼を守るために毎年行われてきました。
その時の楽しみの一つに「魚とり」がありました。誰がいつ入れたのか、沼には魚をはじめとする沢山の生き物がいて、地域の人々が「ブチヤス」や「ウナギカキ」など、独特な漁具をもって集まり、泥んこになって魚を捕まえました。この沼まつりはこうした伝統的な「魚とり」を再現したお祭りです。

沼まつりの様子

  • 第1部は「網類」の魚とり
  • 第2部は「ヤス」などによる魚とり
  • タッチングプールやザリガニ釣りコーナーもあります
  • 沼にいる淡水魚の展示なども行います

参加方法

参加ご希望の方は、伝統漁具(三角網、四つ手、ヤス、ウナギカキなど)と、魚を持ち帰る入れ物をご持参のうえ、会場にお集まりください。また、泥ですぐに脱げないような履物、胴長などを着用のうえご参加ください。裸足での参加は禁止しております。

こどもウナギつかみ取り大会

・ご希望の方は、当日会場の受付にお越しください。先着20名さままで承ります。
・対象は園児~小学生までのお子さまとし、保護者の方はそばに付き添っていただきます。
・捕まえたウナギはおひとり一匹までお持ち帰りいただけます。
・裸足での参加はできませんので、泥に入っても脱げない履物を着用のうえご参加ください。
・うなぎを触った後は、必ずよく手を洗ってください。
・手に傷がある方は参加できません。
・当日の沼の状態によっては、開催できない場合もございます。

詳細データ

開催日
10月22日(日曜日)
雨天
雨天の場合は中止。順延もございません。(同時開催イベントも中止)
前日の午後5時までに中止の判断をし、公園ホームページでお知らせします。
会場
あざみくぼ沼 (運動広場横にある沼です)
南口・中央口から徒歩20分
時間
午前10時   受付 会場にて
午前11時   開会式
        伝統漁具・伝統漁法による魚とりのデモンストレーション
午前11時15分 魚とり 第1部開始
午後12時15分 第1部終了
午後12時20分 こどもウナギつかみ取り大会
午後12時30分 魚とり 第2部開始
午後1時30分  終了
 
対象
魚とりは、中学生以上とします。
ウナギのつかみ取り大会は、園児~小学生までとし、先着20名さま。*保護者同伴
共催
滑川町

■注意事項
 ・網やヤス類は、通常持込み禁止物品です。入園の際、係に「沼まつり」参加の旨をお伝えください。
 ・捕まえた魚は必ずお持ち帰りください。園内での放流は禁止です。
 ・裸足で沼に入らないでください。
 ・道具を使用する際は、周囲に注意してください。また、歩行中も来園者との接触にご注意ください。
 ・小学生以下は、保護者同伴のうえ沼に降りてください。ただし水には入らないでください。
 ・泥は水道でよく洗い流してください。シャワーの準備はございません。
 ・水深、水温などを考えて、自分の体力と相談のうえご参加ください。
 ・魚やウナギを素手で触った後は、必ずよく手を洗ってください。

関連情報

同時開催イベントも盛りだくさん
・「着ぐるみ大集合!」 協力:滑川町、行田市、熊谷市、深谷市
・「和太鼓」 協力:上新田屋台囃子保存会
・「和紙グライダー作り&折り紙教室」 協力:東秩父村和紙の里
・「HONDA交通安全教室」 協力:本田技研工業㈱安全運転普及本部
・「ラグビーワールドカップ2019TM PRコーナー」 協力:埼玉県、熊谷市
・「スマートフォン・タブレット体験会」 協力:ドコモショップ東松山店
・「地元の美味しいお米 谷津田米PRコーナー」 協力:地元農家
・「沼のお魚展示&ザリガニ釣り&タッチングプール」 協力:比企自然学校
・「授産製品の販売」 協力:オルオル生活介護事業所たけのこ、労働継続支援B型事業所よるべ
・「公園近隣自治体PRコーナー」