国営武蔵丘陵森林公園

森は花のリレーで花盛り

緑にけむる春の森。

比企丘陵の山なみは、陽春の日差しに煙るヤマザクラの花や葉とコナラ、アカシデなどの新芽と混ざりながら、森の木々の新緑が日々濃く変化します。

林内では、ウワミズザクラ、ガマズミ、ヤブデマリ、イボタノキ、イヌザクラ、ミヤマウグイスカグラ、イロハモミジ、クサボケの葉が瑞々しい新緑が彩りを加え、林縁では、ジュウニヒトエ、チゴユリ、キンランなどの花々が次々と花を咲かせます。

※写真はイメージ、又は過去に撮影したものを使用しています。

配信日:4月9日