国営武蔵丘陵森林公園

北東から秋の風

あわてて花を付ける秋の花

 背伸び競争に明けくれていた草木も、日照時間が短くなり、わずかに気温が下がり始めると、冬が近づいてくるのを感じ、あわてて花を付けはじめます。
 ヌスビトハギ、シラヤマギク、ワレモコウ、アキノノゲシ、オトコエシ、ツリガネニンジン、ノコンギク、ヤマジソ、ノハラアザミ、ヤマハギ、イヌサフラン、ヒガンバナなど。

 草原のメヒシバ、ススキなども、この時とばかりに全ての草が一斉に穂を出し、花を咲かせ、実を付けます。
 朝の明け、夜のとばり、日が短くなると同時に、少しずつ秋の兆しが見え始めます。

※写真は過去のものを使用しています。

配信日:9月4日