国営武蔵丘陵森林公園

ドングリの洪水だ!

ハイイロチョッキリがやって来た

 葉が5~6枚ほど付いたコナラのドングリが園路にたくさん落ちている。ドングリをよく見ると、どの帽子(殻斗)にも、小さな穴が開いている。ハイイロチョッキリの仕業だ。

 森林公園では、10年ほど前からハイイロチョッキリとコナラシギゾウムシというゾウムシの仲間が増えてきました。

 ハイイロチョッキリは8月から9月ごろドングリに産卵し、長いくちばし(口吻)を使って、枝葉がついたまま切り落とします。一方、コナラシギゾウムシは、産卵したドングリを切り落とさず、自然に落ちるのを待つようです。

※写真は過去のものを使用しています。

配信日:8月2日